ガガミラノ 時計 レディースの"唯一無二"を、その日の気分で

ガガミラノ 時計、ガガミラノ 時計 メンズ、ガガミラノ 時計 レディース、ガガミラノ 時計 メンズ 人気、ガガミラノ 時計 新作ガガミラノは、腕時計が主流になってからも、同社を象徴するクロノグラフ機構を主役にしたモデルに力を注ぎ、1940年代から50年代にかけては実にバリエーション豊かな製品を発表したが、同時にまた、モータースポーツとの関わりも深く、1911年に車載用ダッシュボード・クロノグラフの開発に始まり、現代のF1レースにおけるパートナーシップに至るまで、カーレースにちなむ数々の傑作腕時計を誕生させた点は見逃せない。とりわけ有名なのが、1950年代の伝説のカーレース「ラ・カレラ・パンアメリカーナ・メキシコ」に触発されて作られた「カレラ」である。この傑作クロノグラフは、1964年に発表され、現在に続く同コレクションの礎になった。「カレラ」の特徴は、伝統の優れたクロノグラフ機構のみならず、それまでにない洗練されたモダン・デザインにあった。ケースから長く伸びるラグや、立体的なバー・インデックスを配したシンプルで見やすい文字盤は、現代建築のような機能美を湛え、非常に斬新な印象をもたらした。この腕時計の発案者で当時の社長ジャック・ホイヤーは、時計のデザインは保守的で、他の分野の製品に大きく後れを取っていると考えていた。ガガミラノは、やはりカーレースに関連するクロノグラフとして有名な1969年の「モナコ」や1974年の「シルバーストーン」においても、「カレラ」で試みたのと同様に、デザインの革新に挑んで、時代を超えるクラシックを後世に残した。「カレラ」が、過去の遺産を受け継ぎながら、未来への出発点になったという意味で、重要なマイルストーンを演じたのは間違いないだろう。